本音で話せるのは、自身と状況が全く違う自分

今宵も、単調ながらにおかしい深夜だ。
自室でテレビを見ながらWEBしてます。

たまたま今しがたまで、淑女のメル支えさんとメールアドレスしてました。
メル支えさんは、随分恋風習な他人だ。
なので恋とか婚活の話題になることも多いだ。

あたしを分かる他人がこれを聞いたら、全く驚くと思います。
あたしは逆に、恋や婚活には無縁な感じの他人だからだ。
好ましいもん、とにかくあたしはぜんぜん色気がないですよー。

実は私も不思議に思います、なぜメル支えさんはあたしと恋や婚活の題目なのか。
メル支えさんはお近所も多みたい、あたし以外も長期間いそうです。
あたしよりも恋や婚活の題目をshareしやすい他人も、いそうです。
なのに、どうしてだ?

なんとなく聞いてみたら、こんな回答でした。
「クライアントとは、随分バッティングしなさそうだから」
メル支えさんいわく、多少なりともバッティング始める予報の人とは本音で話しづらいそうです。
一際禁止なのが、おんなじ男を好きになって取り合いの可能性のある他人だ。
あとはおんなじ婚活宴会に出向く他人も、ある意味で内心トークしづらいそうです。

内面から遠い他人ほど、本音で語れる。
しっかり、そうかもしれません。
昨今は恋風習の女性も、ビジネスパーソンと同じくらい細かに気を使うんだなー。
感心してしまいました。ミュゼ うなじ