中高年の女性に多い、「変形性膝関節症」の原因や対策

日常生活において、突然「膝の痛み」を感じることはありますか。
中高年の方が感じる膝の痛みの殆どが、「変形性膝関節症」による痛みだと考えられています。
男性よりも女性の発症リスクが高く、女性の40代から増え始め、60代の約40%、70代では約70%が変形性膝関節症を発症していると言います。

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨が少しずつすり減ることで痛みを生じる傷病です。
症状が進行すると足が変形し、最悪の場合歩行困難になる場合もあります。
女性の発症リスクが高い理由は、男性よりも筋肉量が少ないことが影響しているようです。

初期症状は、起床時の体の動かし始めや立ち上がって歩行し始める時に、膝に痛みを感じる程度ですが、症状が進行するに連れて、階段の上り下り時に痛みが出始め、ついには平地での歩行でも痛みがでるようになります。

多少痛みはあっても膝を動かせるならば、室内で「膝の屈伸運動」を行うと良いでしょう。
屈伸運動をすることで、膝の可動範囲を維持することができます。
痛みで動かせなくなると、膝関節は益々固くなっていきます。

痛みが続く、膝が腫れる場合は、早急に整形外科の受診をお薦めします。http://pmpmedios.com/tenpo/